営業情報

2021年03月02日

佐渡天然寒ブリの3月以降のお取り扱いについて

画像を拡大

 

寒ブリのシーズンは終わりましたが、旬に間に合わなかった皆様のために、3月は「名残の寒ブリ」として、10キロに満たない魚体でもそこそこの品質の佐渡ブリをご用意させていただきます。

2月下旬を過ぎますと、当店基準の「魚体10キロ以上のブリ」の水揚げがなくなります。

9~10キロ弱の魚体からのご提供となります。

トップシーズンの「本物の寒ブリ」には及ばないかもしれませんが、皆様のご要望にお応えできるようご提供させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

テイクアウトのご相談も承っております。

ブロック:100gあたり850円(カットやトリミングによって重量が前後します。ご了承くださいませ)

ブリしゃぶテイクアウト:1人前2500円 お出汁、出汁用あら、アゴ出汁と柿酢の佐渡ポン酢、ザク、薬味つき

<各税込み>

※できるだけ前日までにご注文ください。

※ブリしゃぶは、梱包材の都合で当日のご用意ができない場合があります。

 

旬の真っ只中に比べたらお値段も下がっておりますので、ぜひご利用ください。

ご来店お待ちしております!

 

 

ブリは回遊魚です。季節によって生息域が変わるため、寒ブリを一年中食べることはできません。

また、出世魚としても知られており、魚体8キロ以上をブリと呼び、それ以外はフクラギ、ワラサ、イナダなどと呼んで区別します。

真冬に水揚げされる魚体8キロ以上のブリが「寒ブリ」と呼ばれます。

産卵期を控えて栄養を蓄え、脂の乗った寒ブリは、旬のある味覚ですので、冬のうちにお召し上がりくださいませ。

佐渡寒ブリの旬は11月頃に水揚げが始まり、トップシーズンは12月~1月。

春に向けて魚体が小さくなっていきますが、魚体の大きさ、水揚げ量・脂のノリを兼ね備える2月下旬ころまで、例年お取り扱いさせていただいております。

3月になれば魚体は小さくなり、ブリと呼べるサイズの水揚げがなくなります。

産卵期を迎えると、卵に栄養を奪われ、体長は大きくても身が痩せてしまいます。

 

  • 土曜日・祝日は、浅草の土地柄もあり混み合う傾向がございます。ご予約をおすすめいたします。
    ご来店時刻に融通が効く場合は、混雑する時間帯を避け、早い時間にご来店いただけると大変助かります。

 

 

 

電話 03-5830-3790
住所 〒111-0035 東京都台東区西浅草2-27-1 伊東ビル 1F
営業時間 営業時間:17時~24時(日曜23時、暇な日は早めに閉店させていただきます)
定休日 不定休(営業情報カレンダーでご確認ください)
E-mail info@da-cha.net
HP http://da-cha.net/
  1. 佐渡天然寒ブリの3月以降のお取り扱いについて