店主のブログ

2017年08月18日

《佐渡ヶ島の天然鮎、塩焼きでどうぞ》

《佐渡ヶ島の天然鮎、塩焼きでどうぞ》 お世話様です。【佐渡の酒と肴 だっちゃ】店主・利き酒師のきたむらです。 佐渡から天然鮎、届いてますっ! 佐渡の川魚は市場に出ないので、入荷は希少!!! 東京23区の1.4倍の広さを持つ、日本最大の離島・佐渡ヶ島。 海ばかりでなく、山も、川も、もちろんあります。 8月上旬、渓流釣りが解禁されれば、地元の釣り師たちはいそいそと川へ。 ヤマメ、イワナ、鮎…。 これらは釣り師の特権の味覚で、市場には出ませんが、お取引先さんが『鮎あるよ!』と教えてくれたので入荷することができました! 内臓ごと丸焼きで…やや辛口の日本酒をくいっと…たまらん♪ 鮎は、店主の父もよく釣りに行っていたので、思い出の味です。 大量に釣ってくるので、連れた鮎の後処理や料理のお手伝いが大変でしたけど…(笑) あ、店主は父が釣をするので、子供の頃から魚をさばいてます。 父が自分でやるのがめんどくさかったのか、私に教えてやらせていたのです。鮎クーラーボックス2つとか!! 60センチ超え真鯛とか! 数量限定の、佐渡の夏の味覚です。 10月頃まで鮎釣りができるので、また入荷するといいな〜! ぜひぜひ♪ 佐渡の酒と肴 だっちゃ 東京都台東区西浅草2-27-1 伊東ビル 1F 03-5830-3790 #だっちゃ #佐渡 #新潟 #浅草 #日本酒 #居酒屋 #刺身 #珍味 #郷土料理 #佐渡直送 #酒のつまみ #天然鮎

A post shared by 「佐渡の酒と肴 だっちゃ」きたむら さやか (@sado_daccha_sa_ya_ka_) on

★最近のおすすめ

だっちゃ公式Instagram